IPO・内部統制コンサル日記

IPO・内部統制の実務支援をサービス提供しているコンサルタントによる現場のお話し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アジア市場と日本市場難易度は?

アジア市場の中でも、当社で支援を行うのは、韓国香港台湾シンガポールとなります。
他にも各国で様々な市場がありますが、現在外国企業が上場可能で代表的なのは上記4市場
です。中国本土にも株式市場は上海、深センにありますが、まだ海外企業の上場は許されて
いません。早ければ来年にも開放されるとのことですが、時価総額がかなり大きな企業に
限定されるようです。

よく聞かれる質問で一番多いのは、日本の株式市場への上場審査の難易度の比較です。
上記4市場の中でも、比較的容易なのは韓国の新興市場・Kosdaqへの上場ですが、正直言って
日本の新興市場への上場と大差ありません。数値基準も日本円で最終利益が1.6億円程度必要
となるため、税引き前では3億円程度となり、こちらも日本とほぼ変わらないことになります。
各国の数値基準はこちらからご覧ください

言えることは、アジア市場は決して、日本で上場を諦めた会社の受け皿にはならないということ
です。

スポンサーサイト

PageTop

アジア株式市場支援新規スタッフごあいさつ

いよいよ当社では本格的にアジアの株式市場への実務支援を開始しました。
特に韓国市場、香港市場への上場支援を中心に行います。
ぜひご活用ください。
なお、案件の増加に伴いまして、韓国・中国スタッフを各1名ずつ増員しました。

▽ごあいさつ▽
○柳(リュウ)=韓国株式市場支援・韓国マーケティングスタッフ
私はこの度、アイ・コンセプトで韓国株式市場の上場ガイダンス作成及び市場分析を行う
スタッフとして採用された柳と言います。現在、多摩地域にある某国立大学大学院の経済学
研究科に籍を置いています。
これまでの経験を活かして、今アジアで最も熱い韓国市場の動向を鋭く分析し、クライアント
の皆様に鮮度の良い情報を提供していきたいと思います。よろしくお願いします!
○裘(キュウ)=香港・台湾株式市場支援・中国マーケティングスタッフ
東京大学大学院の裘 吉棟(キュウ キチトウ)と申します。中国の港町寧波からからまい
りました。「吉棟」は訓読みで江戸幕府第8代将軍徳川吉宗(よしむね)と同じで、「そんな
立派な人物になりたいなぁ!」という野望は年一回ぐらいで持っております(笑)。
 専門は貨幣史ですが、現在日本のリース会社に就職が内定しており、リース業界の達人
になるため、会計、財務、法律などに関心を持っております。せっかく日本に留学している
ので、日頃、日中両国の文化・経済などにおける比較も癖になりました。趣味はスポーツ
観戦で、朝青竜のファンでした。
 中国市場のコンサルタントとして、言語の力を生かしながら、お客様に正確かつ創造性の
ある情報を提供していきます。よろしくお願いいたします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。