IPO・内部統制コンサル日記

IPO・内部統制の実務支援をサービス提供しているコンサルタントによる現場のお話し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

IPOプロジェクトメンバーに求められるスキル

経営者の方が株式公開を意識し、プロジェクトメンバーの構成と人員の選出を準備される際、「チームの人材についてどの様なスキルや性格が求められますか?」といった質問をよく受けますが、求められスキルや性格について具体的に申し上げますと、


⑴ 出身部門内の業務の流れやその組織・人脈に十分精通している人材。

⑵ 株式公開を成し遂げるのだという強い責任感を持ち、長時間の残業とストレスにも耐えられる肉体と精神を有する事務処理能力の高い人材。

⑶ 証券会社や取引所等の審査の際その審査担当者の窓口ともなり、真面目で誠実な対応が出来、信頼を得られる人材。

⑷ 質問事項に対する回答書作成の中には数字的な裏付けによる説明が必要な為、計数面に明るく且つ文章力(書く力)が有り、論理的に説明の出来る人材。



 株式公開準備業務においては外部機関であるところの、取引所・証券会社・監査法人・財務局・信託銀行等の証券代行機関・証券印刷会社・IR会社等と数多く接触し、会社を代表して様々な打ち合わせを行ってまいります。

また、社内においても経営トップをはじめ社内各部門との連携により準備作業を進めるため、優れた調整能力が必要となります。


 社歴の浅い会社や社員数の少ない会社においては、すべての要素を備えた人材で構成することはなかなか困難なことですが、今後中途採用の際の判断基準としてもご参考にしていただけるのではないでしょうか??




※余談になりますが・・・

公開準備中の会社が即戦力としてIPOの経験者を募集する場合、本人がIPO経験有りといって採用してみると全く専門的知識がない!だから公開準備業務を任せられない!というケースがあります。

これは単に前職の会社がIPO準備中であっただけで、本人はプロジェクトメンバーでもなく公開準備資料の一部の作成を手伝っただけ・・・、それだけでIPO経験有りといって職務経歴書に記入していることもあります。本当にIPO実務を経験しているのかを正しく判断して採用しなければ無駄な人材となります。




プロジェクトリーダーについても、同様のスキルや性格をお持ちの方が望まれることも上場達成成否の大切なポイントとなります。

リーダーとしては、それ以外にも全体の作業の進捗管理として、遅れている部門の人材補充(パートやアルバイトによる集計作業やワープロ業務の支援等)やメンバーの健康管理、公開準備作業について(例えば予算・実績管理等)会社として、何時まで、何を、どの程度の内容で作成するのかを判断しなければなりません。

更には会社を代表して株主や今後投資をして頂く投資家(ベンチャーキャピタル等)にも数多く接し、相手に会社の内容を十分理解して頂き、自社への出資や株式の継続保有を判断される窓口となります。

自社の沿革を知り、計数と共に経営者としてのビジョンを明確に語ることが求められます。



私個人の感じているところとしては、それほど大きな規模の企業でなければ、プロジェクトリーダーがここに記載した資質を兼ね備えている場合、プロジェクトメンバーの資質を十分に補うことは可能である・・・ということです。


言い換えれば、プロジェクトリーダーの資質(特にマネジメント能力)が確かなものでなければ、公開準備の進捗に大きな影響を与えかねない!ということです。


株式公開を意識された経営者の方とっては、まず自身の思いを授けることができるプロジェクトリーダーを選任することが最初の一歩であり、その後の公開準備の進捗を決める最重要事項になるかもしれません。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。